2010年10月02日

EAとは Expart Advisor FX用語

◆EAとは


EAとは、「システムトレードを行う時に使うプログラム」を指します。
Expart Advisor(EA)の略です。
一例を挙げると、MT4「MetaEditor」というフリーソフト上にて、作成することが可能です。

「EAで勝てるはずがない」
「インチキくさい」
と思う方も多いと思いますが、投資銀行もクオンツのアルゴリズムトレーディングによって収益を上げている部門もあります。
ゆえに正しい使い方さえすれば、最強のトレーディングツールになります。


posted by メタル at 02:06

2010年10月01日

マーチンゲール法とは 逆マーチンゲール法 必勝法 FX用語

◆マーチンゲール法とは


マーチンゲール法とは、ギャンブルでの必勝法!?として挙げられる手法の1つです。

よくカジノでやる人もいますが、確率が2分の1のゲームにおいて、
負け→掛け金を2倍に
勝ち→掛け金を初期値に
するやり方です。

ただカジノでは、
@厳密には1/2より若干不利
A賭けられる上限金額もある
B負け続けると投資額が膨大に膨らむ
といったことがあるので注意する必要があります。

Bについては9回負けて10回目で勝つと、512を賭けて1しか利益が出ないといった悲惨なことになります。
  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 勝ち
連敗する確率 50.0% 25.0% 12.5% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%
掛け金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
トータル投資額 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
利益 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

◆FXにおけるマーチンゲール法


FXでもこれを使った投資方法があります。
@ストップ(損切り)とリミット(利食い)の値は同じにする
A負けたら賭け金を2倍
B勝ったら賭け金を最初の値に戻す
このような形でトレードしていきます。

FXでは、いくらでもポジションを持つことができるので、投資資金が無限ならば100%の確率で勝っていくことができます。つまりはFX必勝法になりえます。
まあ資金力が無限なんてことがあり得ないのですがね。

ただ、自分の腕次第で確率を若干上げることはできるので、根気さえあれば手法の1つにはなり得ます。

◆FXにおけるミニマーチンゲール法


ミニマーチンゲール法というのもあります。
負けた場合に賭け金を2倍にしていく方法はマーチンゲール法と同じですが、マーチンゲール法は勝つまで無制限に賭け金を増やすのに対し、ミニマーチンゲール法は一定数の負けが連続するとその時点で負けを認め、新しく勝負を開始するという投資方法です。


◆<ご参考>マーチンゲール法


749 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:03:30 ID:Le13phqM
資金管理をしっかり出来さえすれば使う手法なんて全く関係ない

例えばサイコロで上か下を決めてストップとリミットを50pipに決めたとする
このとき約50%の確率で負けるだろう
だが負けたら次は2倍の枚数で張ればいい、負けたらその次は4倍で張る
これで8倍張るころには負ける確率はわずか6.25%だ
つまり種から逆算して8倍まで許容できる枚数で取引していけば
93.75%という驚異の勝率を叩き出せる
リスクを考慮して16倍まで許容できるとすると勝率は96.875%となる


754 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:41:43 ID:Hy4EWlLU
勝率は96.875%なら損切り貧乏よりも勝てるな
明日から1000通貨でマジで検証してみよう


755 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:54:20 ID:FSZc76pc
>>754
>>749の手法はマーチンゲール法といって昔から必勝法・・・にみせかけた破産法として
超有名なやりかただよ。
期待値的には、均等賭けとまったく変わらないが、それに気づかない人間が連敗を続けたときに
身の程を超えた大金を投入してしまうからね。
出所:2ちゃんねる

posted by メタル at 02:40

2010年09月24日

スリッページとは スリッページ幅 許容スリッページ FX用語

◆スリッページとは


スリッページ(slippage、すりっページ)とは、
「注文を出した値段で約定せずに顧客に不利な方向にずれて約定してしまうこと」を指します。

例えば、現在のドル/円が93.00円だとし、91.50円の売りのストップロス(損切り)を設定していたとします。そして不運にも91.50円に達した場合、91.48円のように若干安い値段で約定されることがあります。
これはストップオーダーが指定した値段以下(この場合は91.50円)になった時点で成行注文として出されるために起きます。

ちなみに、この損した2銭を「スリッページ幅」と言います。
証券会社によっては、スリッページ幅を「許容スリッページ」という形で設定することができ、設定した範囲以上にレートが変化した場合に注文を成立させないことができます。

ちなみにこのようなズレは相場の値動きの激しいときに起きることがあります。

posted by メタル at 23:00

2010年09月10日

レンジ相場とは レンジ色とは 【類】ボックス相場 【反】トレンド相場 FX用語

◆レンジ相場とは、レンジ色とは


レンジ相場とは、予想される最大(MAX)と最小(MINIMUM)の間で推移する相場のことです。
要するに波線を描くチャートのことです。
range_souba.jpg
レンジ相場になっていることを
「あー、この相場はレンジ色が強いねー。」
なんて言ったりします。

類義語は、「ボックス相場」です。
MAXとMINで囲まれたboxの中に入っているからね。
この間のことをボックス圏とも言います。


◆レンジ相場の反対語(トレンド相場)


「トレンド相場」です。
ずっーと片方に向かって動いていく方向性のある相場のことです。


◆ドレード戦略(スキャルピング戦略)


波線を描く「レンジ相場」になりやすいのが、統計的にもアジア時間帯(日本時間6時〜14時)です。
アジア(日本・オセアニア)にはあまり注目されるニュースは少ないからね。
ゆえにこの時間帯は、為替相場もフラフラと波線を描きます。
この時間帯は、「逆張りスキャルピング」がしやすく勝率も高いです。
「早起きは3文の得」というやつです。

一方向に動く「トレンド相場」になりやすいのが、NY・欧州時間帯(日本時間14時〜翌6時)です。
為替が動く大きいニュースは、米国・欧州に集中するからね。
ゆえに確率的には、流れに乗った「順張りスキャルピング」がしやすくなります。

posted by メタル at 22:21

2010年08月19日

ストップロスとは S/Lとは FX用語

◆ストップロス、S/Lとは


S/Lとは、Stop Loss(ストップ・ロス)の略です。
日本語だと、「損切り」です。

機関投資家(プロ投資家)で、ストップ・ロスを設定しないところはありません。
FXをやる場合は、必ず損切り注文もしておきましょう。
損切りが出来ないと、あっという間の相場変動で一発退場も有り得ます。

でも損切り注文は、気が引けるんだよね。
うん、分かる。


◆S/LとT/Pの事例


ドル円相場で、100円でドル買いをした場合です。
101円になればプラスです。
99円になればマイナスです。

その注文を出すときに、T/P(take Profit、リミット、利食い)とS/L(Stop Loss、損切り)を設定します。
この例だと、
T/P(利益確定値):102円
S/L(損切り値):97円
って感じで注文を出します。

つまり為替レートが102円か97円のどちらになったときに自動的にトレードされます。
102円の場合:儲け
 97円の場合:損
となります。

FXで失敗している殆どの人は、
T/P(利益確定値)は設定するけど、S/L(損切り値)は設定しない人です。
不慮の事故があったときに一発退場になるので必ず設定しましょう。


posted by メタル at 00:09

2010年08月03日

アジア時間帯/欧州(ロンドン)時間帯/米国(NY)時間帯とは 経済指標 FX用語

◆相場時間帯と戦略のまとめ


為替相場は、24時間休みなく動き続けます。
土日は市場参加者が少ないのでお休みなので、厳密には日本時間で月曜から土曜早朝です。
通称
アジア時間帯
欧州時間帯
米国時間帯
地域 日本・オセアニア ロンドン ニューヨーク
時間帯
(日本時間)
6〜14時頃 14〜22時頃 22〜翌6時頃
相場 レンジ相場
(波線みたい)
トレンド相場
(1方向に動く)
理由 注目ニュースが少ない 注目ニュースが多い
注目指標 ・雇用統計
・貿易収支
・GDP
左にプラス、
「住宅着工件数」、「小売売上高」、「生産者物価指数」、「消費者物価指数」など

大きなまとめですが、以上になります。
米雇用統計はいいよね。値幅が大きい。
ちなみに僕は米雇用統計での逆張りスキャルピングの勝率は9割以上です。


posted by メタル at 00:48

2010年07月25日

ロング(買い)とは? ショート(売り)とは FX用語 株式投資

◆ロングとは


ロングとは、買いのことを指します。
例えば、ドル/円で93.00円でドル買い1万枚をしている場合です。
「ドルを1枚ロングしてる。」
「あー、ドルはロングポジションで持ってるわ。」
って感じで使います。

就職活動でマーケット関係を回るときには、この程度は知っておくといいです。


◆ショートとは


ショートとは、売りのことを指します。
ロングの反対です。

posted by メタル at 02:45

2010年07月20日

T/Pとは リミットとは FX用語  

◆T/Pとは


T/Pとは、Take Profit(テイク・プロフィット)の略です。
日本語だと、「利益確定(利食い)」と言います。


◆「リミット設定」とは


T/Pと同義。
リミットとは、「そこに到達したら決済する」という値のことです。
利食い、決済指値です。

ほぼ間違いなく出す注文です。


◆T/PとS/Lとの関係


ドル円相場で、100円でドル買いをした場合です。
101円になればプラスです。
99円になればマイナスです。

その注文を出すときに、T/P(リミット、利益確定値)とS/L(損切り値)を設定します。
この例だと、
T/P(利益確定値):102円
S/L(損切り値):97円
って感じで注文を出します。

つまり為替レートが102円か97円のどちらになったときに自動的にトレードされます。
102円の場合:儲け
 97円の場合:損
となります。

FXで失敗している殆どの人は、
T/P(リミット、利益確定値)は設定するけど、S/L(損切り値)は設定しない人です。
不慮の事故があったときに一発退場になるので必ず設定しましょう。

posted by メタル at 01:45

2010年07月19日

ドローダウンとは FX用語

◆ドローダウンとは


ドローダウン(Draw Down)とは、「資産の目減り率」のことです。

例えば100万円が残高80万円になってしまった場合、つまり20万円損した時はドローダウン20%です。
「損した金額20/元本100 = ドローダウン20%」
と計算します。

ドローダウンは、0〜100%まであります。
100%になった時は、当然元本は0円です。


◆自動売買とドローダウンの関係


自動売買ソフトを選ぶときの指標の1つが、「最大ドローダウン」です。
「最大ドローダウン」は、ドローダウンの中でも一番大きい下落率のことです。
10〜20%以下に収めることが1つの目安でしょう。

バックテスト(過去の相場データを下に検証)を行った最大ドローダウンが表示されていても、
万が一を考えると2倍程度は余裕と思える数字にしたいです。
上記の例だったら、
「ははん、一発のトレーディングで20〜30%の資産を目減りさせることがあるんだな。」
って認識を持ちましょう、ということです。

posted by メタル at 23:43

2010年07月10日

スキャルピングのメリットとリスク FX用語

◆スキャルピング(scalping)のメリット


スキャルピングの利点を挙げてみます。

・小額資金からスタートできる(裏を返せばハイレバレッジ)
・必ずストップロスを設定するので、大損をしない
・外部要因(海外市場)に左右されないため、リスクを軽減できる
・指標逆張りスキャルピング等、一定の手法で非常に高い勝率を上げることができる
・相場が良いときも悪いときも関係なくトレードできる
・短期取引なので次の日に持ち越さず、精神的に楽
・社会人に最適。時間がない人でも取引が可能
・スリル、脳内麻薬が半端ない
という点。


◆スキャルピング(scalping)のデメリット/リスク


・手数料負けの可能性
・ストップロスを設定しないと一発退場の可能性
・指標発表時など市場が大きく動く場合は、スリッペ―ジ(注文価格より数ppズレる)する可能性

リスク管理さえ行えば、勝率の高いトレーディング手法です。
自動売買ソフトも、基本的にはスキャルピングを行ってくれるソフトが多いです。

posted by メタル at 02:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。