2010年10月01日

マーチンゲール法とは 逆マーチンゲール法 必勝法 FX用語

◆マーチンゲール法とは


マーチンゲール法とは、ギャンブルでの必勝法!?として挙げられる手法の1つです。

よくカジノでやる人もいますが、確率が2分の1のゲームにおいて、
負け→掛け金を2倍に
勝ち→掛け金を初期値に
するやり方です。

ただカジノでは、
@厳密には1/2より若干不利
A賭けられる上限金額もある
B負け続けると投資額が膨大に膨らむ
といったことがあるので注意する必要があります。

Bについては9回負けて10回目で勝つと、512を賭けて1しか利益が出ないといった悲惨なことになります。
  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 負け 勝ち
連敗する確率 50.0% 25.0% 12.5% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%
掛け金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
トータル投資額 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
利益 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

◆FXにおけるマーチンゲール法


FXでもこれを使った投資方法があります。
@ストップ(損切り)とリミット(利食い)の値は同じにする
A負けたら賭け金を2倍
B勝ったら賭け金を最初の値に戻す
このような形でトレードしていきます。

FXでは、いくらでもポジションを持つことができるので、投資資金が無限ならば100%の確率で勝っていくことができます。つまりはFX必勝法になりえます。
まあ資金力が無限なんてことがあり得ないのですがね。

ただ、自分の腕次第で確率を若干上げることはできるので、根気さえあれば手法の1つにはなり得ます。

◆FXにおけるミニマーチンゲール法


ミニマーチンゲール法というのもあります。
負けた場合に賭け金を2倍にしていく方法はマーチンゲール法と同じですが、マーチンゲール法は勝つまで無制限に賭け金を増やすのに対し、ミニマーチンゲール法は一定数の負けが連続するとその時点で負けを認め、新しく勝負を開始するという投資方法です。


◆<ご参考>マーチンゲール法


749 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:03:30 ID:Le13phqM
資金管理をしっかり出来さえすれば使う手法なんて全く関係ない

例えばサイコロで上か下を決めてストップとリミットを50pipに決めたとする
このとき約50%の確率で負けるだろう
だが負けたら次は2倍の枚数で張ればいい、負けたらその次は4倍で張る
これで8倍張るころには負ける確率はわずか6.25%だ
つまり種から逆算して8倍まで許容できる枚数で取引していけば
93.75%という驚異の勝率を叩き出せる
リスクを考慮して16倍まで許容できるとすると勝率は96.875%となる


754 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:41:43 ID:Hy4EWlLU
勝率は96.875%なら損切り貧乏よりも勝てるな
明日から1000通貨でマジで検証してみよう


755 :Trader@Live!:2009/09/01(火) 22:54:20 ID:FSZc76pc
>>754
>>749の手法はマーチンゲール法といって昔から必勝法・・・にみせかけた破産法として
超有名なやりかただよ。
期待値的には、均等賭けとまったく変わらないが、それに気づかない人間が連敗を続けたときに
身の程を超えた大金を投入してしまうからね。
出所:2ちゃんねる



◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 02:40
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。