2010年05月10日

ナンピンとは EA FX用語

◆ナンピンとは


ナンピン(難平)とは、「平均売買コストが有利になるように追加売買を行うこと」を指します。
英語だと、Average Downと言います。

例えば、ドル/円で93.00円でドル買い1万枚をしている場合で考えます。
ドル相場が下落し、92.00円になってしまいました。
(93-92)×1万枚 = ▲1万円
です。

ここでさらに1万枚買い増しすれば、平均コストは92.50円となります。
(93×1+92×1)/2万枚 = 92.50円

このようにドルが下落してしまった場合に、
平均コストを下げるために安値で買い増しすることをナンピン買いと言います。


◆ナンピンはすべきか


ナンピンは、しないほうがいいというのが大多数のコンセンサスです。
そこから反転してくれればいいのですが、さらに下がり続けると大損失につながります。

ナンピンするくらいなら、ストップロス(損切り)をしてしまいましょう。
まあ僕自身もナンピンはたまにしてしまうんだけどね。


◆EA(自動売買ソフト)を選ぶときの注意


FX自動売買ソフトの中には、ナンピンをすることで運用成績を誤魔化しているものがあります。
この点は非常に注意する必要があります。

そもそも自動売買ソフトは、安定的に増やしていくものとの認識です。
もちろん人の好き好きですが、ナンピンがないFXソフトを選ぶのがポイントです。



◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 07:12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。