2010年06月24日

逆張りスキャルピング 逆張り指標スキャルピング FX用語

◆逆張りスキャルピングとは


逆張り(指標)スキャルピングというのは、トレンドと逆方向に行うスキャルピングです。
主に、経済指標を狙って行うものです。

指標が発表される
 ↓
どちらかに値が動く
 ↓
動きが鈍くなり、戻りが始まるのでは?
 ↓
そう思ったら、戻りを狙ってポジションを持つ
 ↓
戻りの勢いがなくなったところで決済

僕の中ではかなり勝率が高いです。
アメリカ雇用統計での勝率は9割を超えます。
多くても20pips程度の利益を狙っての取引となってきます。
1pipとは



◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 03:23
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。