2010年09月24日

スリッページとは スリッページ幅 許容スリッページ FX用語

◆スリッページとは


スリッページ(slippage、すりっページ)とは、
「注文を出した値段で約定せずに顧客に不利な方向にずれて約定してしまうこと」を指します。

例えば、現在のドル/円が93.00円だとし、91.50円の売りのストップロス(損切り)を設定していたとします。そして不運にも91.50円に達した場合、91.48円のように若干安い値段で約定されることがあります。
これはストップオーダーが指定した値段以下(この場合は91.50円)になった時点で成行注文として出されるために起きます。

ちなみに、この損した2銭を「スリッページ幅」と言います。
証券会社によっては、スリッページ幅を「許容スリッページ」という形で設定することができ、設定した範囲以上にレートが変化した場合に注文を成立させないことができます。

ちなみにこのようなズレは相場の値動きの激しいときに起きることがあります。



◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 23:00
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。