2010年07月02日

スキャルピング(scalping)とは FX用語

◆スキャルピング(scalping)とは


スキャルピング(scalping)とは、わずかな利幅を狙って、短時間で売買を繰り返す手法。
「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも呼ばれます。
語源は、敵の頭の皮をはぐという意味の超短期売買。

マネーゲーム的な要素もある利ザヤ稼ぎで、自己ルールを忠実に守って、これだけを純粋にやってれば勝率は高いです。
大きな値幅を狙わない代わりに、リスクを軽減できます。
僕の一番得意な戦法でもあります。

時間で比べると、
「デイトレード>>>スキャルピング」
です。
デイトレードは1日の間に何度も売ったり買ったりする売買のことですが、
これをより細かく短い時間(数秒から数分)で売買するやり方を、
一般的に「スキャルピング」と言います。

ドル円だと1銭(1pp)単位の戦いです。
100万枚単位で買って、3銭抜いたりします。
その時間、わずか10秒とか。
もちろん必ずストップロスを設定するので、吹っ飛ぶことはありません。

出所:wiki


◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 01:31
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。