2010年09月10日

レンジ相場とは レンジ色とは 【類】ボックス相場 【反】トレンド相場 FX用語

◆レンジ相場とは、レンジ色とは


レンジ相場とは、予想される最大(MAX)と最小(MINIMUM)の間で推移する相場のことです。
要するに波線を描くチャートのことです。
range_souba.jpg
レンジ相場になっていることを
「あー、この相場はレンジ色が強いねー。」
なんて言ったりします。

類義語は、「ボックス相場」です。
MAXとMINで囲まれたboxの中に入っているからね。
この間のことをボックス圏とも言います。


◆レンジ相場の反対語(トレンド相場)


「トレンド相場」です。
ずっーと片方に向かって動いていく方向性のある相場のことです。


◆ドレード戦略(スキャルピング戦略)


波線を描く「レンジ相場」になりやすいのが、統計的にもアジア時間帯(日本時間6時〜14時)です。
アジア(日本・オセアニア)にはあまり注目されるニュースは少ないからね。
ゆえにこの時間帯は、為替相場もフラフラと波線を描きます。
この時間帯は、「逆張りスキャルピング」がしやすく勝率も高いです。
「早起きは3文の得」というやつです。

一方向に動く「トレンド相場」になりやすいのが、NY・欧州時間帯(日本時間14時〜翌6時)です。
為替が動く大きいニュースは、米国・欧州に集中するからね。
ゆえに確率的には、流れに乗った「順張りスキャルピング」がしやすくなります。



◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 22:21
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。