2010年08月19日

ストップロスとは S/Lとは FX用語

◆ストップロス、S/Lとは


S/Lとは、Stop Loss(ストップ・ロス)の略です。
日本語だと、「損切り」です。

機関投資家(プロ投資家)で、ストップ・ロスを設定しないところはありません。
FXをやる場合は、必ず損切り注文もしておきましょう。
損切りが出来ないと、あっという間の相場変動で一発退場も有り得ます。

でも損切り注文は、気が引けるんだよね。
うん、分かる。


◆S/LとT/Pの事例


ドル円相場で、100円でドル買いをした場合です。
101円になればプラスです。
99円になればマイナスです。

その注文を出すときに、T/P(take Profit、リミット、利食い)とS/L(Stop Loss、損切り)を設定します。
この例だと、
T/P(利益確定値):102円
S/L(損切り値):97円
って感じで注文を出します。

つまり為替レートが102円か97円のどちらになったときに自動的にトレードされます。
102円の場合:儲け
 97円の場合:損
となります。

FXで失敗している殆どの人は、
T/P(利益確定値)は設定するけど、S/L(損切り値)は設定しない人です。
不慮の事故があったときに一発退場になるので必ず設定しましょう。




◆宣伝
FXの王道というか、FXで単純に資産を作りたいならスキャルピングです。その中でも指標スキャルピングというのは大きな触れ幅を利用し、勝率が非常に高いことで知られています。
そんな指標トレードを補助するツールがあるので紹介します。
私は実際に購入していないので、このツールの検証はできておらず、オススメも何も伝えることはできませんが、面白いツールだと思ったので、紹介しておきます。興味があればどうぞ。
経済指標トレード専用補助ツール




posted by メタル at 00:09
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。